ドローン・無人航空機に関するご相談ならエアプラウディアにお任せください!

ご挨拶

 

このほど私共、株式会社プラウディアはドローン事業部を立ち上げる運びとなりました。

 

営業統括を務める川口晃です。

よろしくお願いいたします。

 

近年のドローンの高性能化と、その普及によって、最近ではテレビや映画の映像において、多くのドローンによる撮影がされるようになり、映像表現の幅が広がってきています。

皆様も、「これはドローンによる映像じゃないかな」と思われることが多くなったのではないでしょうか。
映像撮影による、映像表現だけでなく、映像による、建造物や工作物の点検、また、急斜面や危険な場所等、人の入り込みにくい場所での点検作業、測量、農作物の発育状況の確認。また、農薬散布や架空線の牽引等、利用用途は多角的な、広がりを見せています。

 

当社は、ドローン運用のサービス、機体の販売、ドローンスクールの展開とトータルで皆様のご要望に応えることができるドローンサービス総合企業を目指しています。

 

ドローンは航空法の改正により、離陸重量200g以上の機体は無人航空機という航空機になりました。私を含め当社の複数名の社員は航空工学を専攻しています。航空機であるドローンを運用するには本来、航空法規をはじめ、気象、工学などの航空知識が不可欠です。

 

ご存知の通り、ドローンによる事故・事件も発生しています。今後機体の普及とともにこの傾向はさらに顕著になることを私は危惧しています。

 

ドローンを販売して、ただ単に引き渡した。ドローン操縦の資格もないのに撮影を依頼した。免許は発行したけれど、その裏付けとなる知識と技術を十分に供与しなかった。それらの事がきっかけによって、不幸な事故・事件の発生は航空従事者として心ぐるしいものがあります。ドローンによる不幸や、悲しみを私たちは引き起こしたくありません。ドローは航空機であるということを認識していただき運用していただきたいと考えています。

 

ドローンという道具を使って、手に入れて、確かな知識と技術を身に着けて、ドローンによる、楽しみ、喜び、感動、思い出、利益、それらを創出していくことが私たちの望みであり思いです。

 

 

株式会社プラウディア
営業部長 川口 晃